OTAFUKUKAZE おたふくかぜ

おたふくかぜ

Mumps

おたふくかぜ

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)は片側あるいは両側の耳の下、時にあごの下がはれるのが特徴のウイルス感染症です。

潜伏期間

2~3週間 (平均18日前後)です。

症状

耳の下が腫れます(通常1~2週間で治ります)。

発熱

38度前後が3~4日続くことが多いようです。

合併症

最も多い合併症は髄膜炎で、100人に1~3人と言われています。
最近、注目されているのが難聴です。アメリカの教科書では1万人に1人くらいと書いていますが、もっと頻度が多いのではないかと言われています。
片側だけのことが多いのですが、治療が難しい難聴です。
その他髄膜脳炎、睾丸炎、卵巣炎、膵炎など、稀ですがなる場合があります。

治療

ウイルスをやっつける薬はないので、痛いときは湿布をしたり、痛み止めを飲んだりします。

家庭で気をつけること

  1. すっぱいもの、よくかまないと食べれないものは避けましょう(痛くなります)。痛いときはあまりかまなくても食べられるものがよいでしょう。
  2. お風呂は熱がなければかまいません。

こんな時はもう一度受診を

  1. 頭痛が強く、何回も吐く時
  2. 1週間以上腫れが引かない時
  3. 高熱が続き、水分が取れない時
  4. 腹痛がある、睾丸を痛がる時
  5. 耳の聞こえがおかしい時

保育所・幼稚園・学校

耳の下が腫れた日を0日とし、5日間は登園、登校を控えましょう。

タイトルとURLをコピーしました